好きな車に乗ってみる〜Amebaブログ『 Fiat500可愛さ至上主義(byサチさん)』

私はFiat500に乗っています。

ずっと、自分の車を持ちたい気持ちなんて、サラサラありませんでした。必要な時に、同居の誰かの車を借りて乗れば事足りるし。所有するのはめんどくさい、と思っていたんです。

現在単身赴任の夫(ダンナくん)と暮らしていた時は、彼の車(スバル)を使ってました。ダンナくんは機械物が大好き、スバル車が大好き。性能とか、好みに合うらしい。実家暮らしになり、しばらくは母の車(トヨタ)を借りてました。母は安心安全のトヨタが好き。愛知県民ですし。地域の古い世代の大方はトヨタ車に乗っています。

私の車使用の頻度が増え、母の車を借りて暮らす形に無理が出てきたので、人生初のマイカー購入を考えることになりました。

そこで、気づいたんです。私には、欲しい車が、ないってことに。何も欲しくない。何を選べばいいやら、わからない。なんでもいいわ~。やる気ゼロ。ほんとに、すっからかん。ゼロ。

あのさー、まずは、自分の好きな車、乗りたい車を考えるところから始めたら~👨🏻‍💼

ダンナくんのアドバイスがきっかけになり、初めて考えました。車について。何が好きか。どう乗りたいか。

私は、機械物全般、嫌い。ネジや基盤を見ると脳が自動で停止します😇母の強固な安心安全『きちんと』思考を窮屈に思って育った反動か、トヨタ車全般が嫌いです。真面目なお利口さんだけど、つまらないわー、小利口、小賢しい💢と感じてしまうのですね。大体、車には悪い思い出があるから、気持ちが萎縮、硬直、後ろ向きになりがち。むごい事故を目の当たりにして以来、車の怖さが染み付いてるのです。そして、私はひどい方向音痴、かつ、車酔いする子どもでした。やな思い出満載。ドライブが楽しくなってきたのは、ダンナくんと暮らし始めてから。

たった一つ。

東京に暮らしていた頃、銀座に行く度、大体いつも同じ場所に停まっていたレモン色のボルボが好きでした😍❣️少しクラシックな匂いの漂う優美な姿で、とても素敵だったから🥰

あんな車なら欲しいなぁ、と思うけど、実際に自分が運転するなら、もっとうんと小さい車がいい。細い道も入れるし、パーキングも安心だから。

レモン色🍋、車、で検索して、色々見てみました。レモン色、外車、で検索して、ヒットしたのが、フィアット500の2015年発売250台限定モデル、ジャッラ。ジャッラのレモン色は、シチリアレモン。私のイメージしたレモン色とは違い、血色の良い、濃口のレモン色。これもいい❣️と思いました。

全体が可愛い❤️内装も可愛い💕後ろ姿も可愛い😍

そんな頃、『可愛さ至上主義』と出会いました。サチさんという方が書かれたアメーバブログ。

わかるわ同感❗️ピタッと共感❣️びりびり共鳴しちゃうブログなんです。センス、趣味、考え方が素敵。だから、読んでて、わかる、わかる、わかります~、なるほど〜、やってみますー、となる😄

『ミニ•インプレッション (Fiat500) かわいい車!』
かわいい車といえば、何といってもフィアット500です。かわいいは正義です。(きっぱり)写真下: フィアット500はどこから見てもかわいいのであります。外観だけ…

機械音痴の人は皆さま大体そんなもんだと思うのですが、エンジンルームを開けて見たい欲求なんてないし、手洗い洗車なんて想像したこともなかった。ガソリンスタンドで、給油openしようとして、バンパー開けちゃうタイプ。アホです😅

『可愛さ至上主義』のサチさんは、車の知識も考え方もしっかりしているので、私は、繰り返し読んで、少しずつ咀嚼し、身の丈に合う形で取り入れています。

ブログは現在進行形のものではなく、2014年〜2016年の2年弱。277記事。濃密な内容で爆走。潔く完結。太く短く。そういうところも、好き。

ダンナくんの職場の方が、秘蔵のミニカーをプレゼントしてくださいました。その方自身もフィアット500オーナー。

タイトルとURLをコピーしました