亀囲碁クラブ(かめーご )ホームページ 
リニューアル・オープン!!

こちらから

亀崎の月 観月亭ピクニック囲碁会・報告

こんにちは。かめーご代表吉田です。

かめーごは、つい先日、9月13日、中秋の名月の日に、観月亭ピクニック囲碁会を開催しました。

亀崎の人々の郷土愛の強さ、ふるさとを想う気持ちを、これまで以上に、身にしみて感じました。酷暑の中、連日のように集まってくださり、草とり、整備。後片付けも。

かめーごフェイスブックのアクセス(リーチ)が、日毎、鰻上りでした。

おかげさまで、お天気に恵まれ、たくさんの方々にお運びいただき、良い会になりました。昼間は曇りで涼しく、夜になったら晴れてきて、美しい満月が姿を現したんです。

天体観測ふくろうの会さんによる、望遠鏡で見る名月、月を中心とした天体のお話も好評で、お話はアンコールの声がかかり、もう一回、お話をしていただきました。

主催者側としては、非常にありがたいお天気でした。好都合すぎて怖かったです。笑 これからも地道に誠実に頑張ろうと思います。


秋の終わりになりました。11月です。観月亭ピクニック囲碁会の振り返りをしています。やってみて分かることって、色々あるものです。今後に生かしていこうと思います。

一つ、身にしみて感じたことがありました。亀崎地区の絆の強さ、故郷を思う気持ちの強さ。その要に亀崎潮干祭がある、ということです。

最近読んだ「能」の本の中に、気になる一節がありましたので、引用します。

「東日本大震災以降、「絆」=人と人のヨコのつながりの大事さが再認識されました。筆者は「絆」にはもう一つ、タテの絆があると思います。先祖から親へ、子へと繋がってゆく絆で、ヨコの絆が「命」の問題とすれば、タテの絆は「心」の問題と言えましょうか。このヨコの絆とタテの絆の交点にあるのが「祭り」です。被災地では大変な状況にありながら、祭りを、郷土芸能をやろうと皆さんが努力されました。それは、ヨコだけでなくタテの絆もなければ人間社会は豊かにならないことを知っていたからだと思います。

個人レベルでも同じことが言えるのでしょうね。古くから伝わっている良いものを暮らしに取り入れることは、豊かで、素敵で、どこか切実なことでもあるのでしょう。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました