亀囲碁クラブ(かめーご )ホームページ 
リニューアル・オープン!!

こちらから

おばあちゃんの教え

こんにちは。かめーご 代表 吉田です。

私は、おばあちゃん子でした。(父方の。子ども時代は父方の家で暮らしていました。以前書いた、美人の祖母は母方の祖母。)母の胸にはいつも妹が抱かれていて、私の居場所はなかったので、夜、ふと寂しくなると、階下のおばあちゃんの部屋に行き、おばあちゃんのお布団に潜り込んでいました。「おお、冷たい!冷たい足だねえ、つるつるの、かわいい足だねえ」と言いながら、私の足を自分の太腿に挟んで温めてくれた祖母の優しい声が、今も、耳元に残っています。

だけど、この祖母、今思うとエライことを、小さな孫娘に仕込んでおりました。笑

「意味などわからなくてもいいから、覚えておきなさい。いくちゃんが死ぬまで絶対にしてはならないことが3つある」

保育園から帰って、おミカンなんかをおばあちゃんと食べていると、物々しい様子で言い出すんです。こういう時の祖母は、決して私を子ども扱いしません。一個の人間として、真正面から向き合い、しっかり見据えて話しかけてくるんです。自ずと、私も、座り直して正座で聞きます。

「一つ、他人の保証人になってはならない。一つ、メクラ版を押してはならない。一つ、手形の裏書きをしてはならない。さあ、言ってごらん」

・・暗唱させるのです。笑

私が桃組の頃でしたから、年中さんですね。4歳。

祖父母は、戦後の混乱の時代に会社を立ち上げ、成功しました。父が事故で重い障害を得たので、跡取り孫娘を仕込むことで、気持ちを支えていたのかもしれません。人を見たら泥棒と思え、がベースの、闇市感覚に溢れた、実践的な教訓の数々。。

「もらう時は、現金が一番。潰れそうな会社の手形なんて、つかまされちゃいけないよ」・・とか。笑

商い一途で、あっちにはああ言い、こっちにはこう言い、ということの多い人でしたが、「子どもには嘘言っちゃいけない」と、いつも言っていました。確かに、私が子どもの頃は、祖母は周りの誰よりも信頼できる、優しい人でした。私が大人になったとみると、手のひら返して、「手形にしておくかね?」とか言ってきて、驚きましたが。

若い頃は、女を盾に、弱いふり、決定権がないふり。無学なので、と下手に出ながら、様子見、時間稼ぎ、ほめ殺し。歳を取ったら、ボケたふり、無垢なふり。

「私が死んだら、地獄に行くよ。閻魔様に舌抜かれるわ」

ぺろっと舌を出していた祖母の、したたかな笑顔を、今も思い出します。ハードボイルドで、かっこよかった。

だけど、それで終わりじゃありません。〜裏を見せ、表を見せて、散る紅葉。

一体何のためにお金儲けをするのか。どうやって生きていきたいか。何がしたいか。何が好きで何が嫌いか、何が楽しいか、何が幸せか。そういう問いを大事にしよう。人前では照れて言えないような、青臭い問いを、敢えて、抱いていよう。そうでなければ、欲望にはキリがない。乾きが癒される日なんて来ない。一部地域のゲリラ戦で勝ち上がっても、トータルでは大損。壊滅的。

いつの頃からか、そんな風に思うようになりました。

私の周りは、あっちを見ても、こっちを向いても、平和で和やかとは言い難い状況が多発していたんです。血で血を洗う、、、。

要の古狸は、おばあちゃんでした。そうして、私とおばあちゃんは、生き別れに。

数年後、おばあちゃんが亡くなり、葬儀の席で、おばあちゃんが、ドンピシャリ、私の誕生日に亡くなっていたことを知りました。

その事実自体が、メッセージのような気がしました。大きな包みを一つ、どん、と送り届けられ、受け取ったような。だけど、包みの中身はまだ未開封のまま。そのまま。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました